サンジュウ○

カテゴリ:病気( 15 )

父の退院日

今日はとてもいい天気です。
いつも寝ているのに、朝日が気持ち良くて自然に起きてしまいました。
と言っても起きた時間は9時半です。
10時までゴロゴロしてて、洗濯して、部屋で猫と日向ボッコして・・・
フと気が付いた。
今朝、父が退院する日だったんだ!と。
メールには、用事が無かったら来なくても良いよ。って書いてあったけど、
本当に行ってないよ。。。
バナナ食べたいとか、肝臓に良いと言われる食品を食べたいとか言ってたのに・・・・。
ぁああ、それくらいしてあげて良かったのに・・・。
毎日毎日、家でゴロゴロしてるだけの生活だったのに・・・。
ホントに忙しい時は何にもしてやれないのに・・・。
ちょっと反省だ。

今からでも行けば良いんだろうけど、、、
昼からは行きたい所があるんで、やっぱ今日は無理だ。

父のお友達からまた電話掛かってきそう。
血の繋がりっていうのはね〜って。。。鬱。
[PR]
by evan_mari_william | 2005-01-24 11:13 | 病気

抜糸

父からメールが届きました。
明日、抜糸だそうで、退院日も決まったということです。

術後の経過も良かったようで、ホント何よりです。

でも、C型肝炎ウィルスとの戦いは今後も続くので、
のほほんと生きてられないでしょうけど、
病気とはうまく付き合っていかないとしょうがないですよね。

私がしてあげられることなんて、正直、びびたることしか無いので、
あんまり気にしないでおこう。

どうせ、離れて暮らしてるし、20年も前に離婚してるんだし、、、
適当に顔見せに行けば良しとしよう。

親孝行について、考えてみたけど、
それはやっぱり、人様に迷惑を掛けることなく、程々に社会貢献し、自分の道を信じて、本人的に幸せに健康に生きていることでしょう。
私は、そう考えたのだ。

だから、時々、顔を見せに行けば良いはず。うん。

母も自分が病気だったからか、私が言っても聞かない頑固な子供だったからか、
私の好きなように生きれば良いと言ってくれていた。
私がしたいことをしていて、あまりに間違った方向へ行きそうな時だけ助言してくれていた。したいことをして、幸せになっていくなら、応援するよ。っていう姿勢だった。ぁあ〜〜、なんて良い母なんだ。
思い出したらウルウルしちゃうじゃね〜か、くそ。
[PR]
by evan_mari_william | 2005-01-19 18:35 | 病気

術後

父の術後の経過は、多分、良いんでしょう。
一応、日曜日に面会に行って様子をみてきました。

ベッドで寝ていると痛みはマシなんでしょうが、
起き上がろうとしたり、体を動かすと、やはり相当痛い様子。

あ〜〜〜、いたぃ ぃたぃ ぃたぃ。。。
はぁ〜〜=3 ふぅ〜〜=3

って言ってます。
あまりに痛そうなので、笑ってしまいました( ´艸`)

禁煙も成功しているみたいで、まぁ、エエんじゃないでしょうか。ってとこです。
私も禁煙しよっかな。とちょっと思ったりしたけど、
別に私は命がかかってるわけじゃないんで、
どーせ、また出来ねぇ〜だろーなって思うから、
禁煙しようと思うのをやめておいた。

ってゆーか、彼女と約束したから、絶対に煙草吸わへん!
って言ってる父を見るのは、恥ずかしいです。。。

あ、父に彼女が居てること、ここでは内緒にしておこうと思ってたのに・・・
[PR]
by evan_mari_william | 2005-01-17 23:57 | 病気

ICU

昨日、父の病院へ行こうと思ってたのに、
朝から仕事が入ってしまって行けなかった。。。

術後はICU(集中治療室)で様子を見るって言ってたので、
メールも送れないし、、、、

ICUって、言葉は皆さんご存じでしょうけど、
面会に行った事とかありますか?

私は大阪の某大学病院のICUに入ったことがあるんですけど、
重篤な患者さんが多いため、
面会時間帯が決まっているのは一般病棟と同じで当然ですが、
面会出来る時間も決まっているんですよ。
確か、そこの大学病院は5分くらいだったと思います。

面会する前に割烹着みたいな手術服みたいなものを着て、
帽子を被って、マスクをして、手袋もしたかなぁ。。。
まるで、食品会社の工場見学に行った時みたいな格好をしないと
中に入れ無いんですよ。
そりゃそうですよね。

で、重篤な患者さんはICUの中の先生や看護婦さんがガラス越しで見えるベッドで寝てるんですけど、少し安定してきたな、と思われる患者さんは、
ICUの横に併設された一般病棟みたいな部屋のベッドに移動するんです。
その後、一般病棟へ移動。
家族はホッとするわけです。
[PR]
by evan_mari_william | 2005-01-14 09:06 | 病気

病院

今日、父親の入院している病院へお見舞いに行ってきました。

母親は去年の夏でしたか?
藤木直人と菅野美穂が共演していたドラマの病気でした。
何回も入退院を繰り返し、長い長い闘病生活の末、数年前に他界しました。
母の闘病生活については、またいつか少しづつ書き綴っていこうと思っています。

今日は父親のことを少し。

久しぶりに病院の中に入り、病院の独特の臭いを嫌だな。。。って感じながら、
父親の入院している部屋に行きました。

ベッドで寝ている父親を見るまでは、特に何も思っていませんでした。
それはきっと、母親の闘病生活があまりにも長く、そして悲惨だったからでしょう。
そして、父親と母親は約20年前に離婚していることと、父親は本当に病院に用事の無い人だったから、実感が湧かなかったということも考えられます。

父親がベッドの上でパジャマを着て、寝ている。
私の中で、ベッドの上でパジャマを着て寝ているのは、「母」というのが当たり前だったから、少し戸惑いました。

本来なら、部屋の他の患者さんやそのご家族、看護婦さんに何かしら挨拶をするのに、笑顔一つ作る事も出来ず、出来の悪い無愛想な娘という印象を与えたことと思います。
私自身は、出来が悪いと思われようが、何と思われようが良いんですけど、
父親としては、どうだろう。。。という意味で反省。

あ、説明してないですね。
父親は肝臓癌です。
昨年12月に体調不良の為、病院で検査したところC型肝炎という診断で、
精密検査をしておいた方が良いといわれて、12月中頃、検査入院をした結果、
肝臓癌だと診断されました。

私は直感的に癌だ、と思っていたので父親から聞かされた時、
特に慌てる事も無く、冷静でしたし、父親にも冗談を言えるほど余裕がありました。

「今まで、自分のカラダにメスを入れるようなことがあったら、病院なんて行かず家で死を待つ」と言ってた父が初めての手術で相当臆病になっていました。
当たり前ですけど先生も「最悪の場合」の話をされたんでしょうね。

可哀相に・・・と思いつつ、私も「最悪の場合」を想定して、
「お父さんの妹さん達の連絡先、知らないから連絡出来ない」とか
「お墓は無縁仏という形にしてしまっていいのか?」とか。
父親とはこの手の冗談をいつもしているので、笑っていましたが、
私的には、ちょっと本気だったんです。
こんなこと何回も聞けないし、本当に危ないなぁ〜って思ってる時には絶対に聞けないですから。

でもね、父親に死相が出ていなかったので、今回の手術では絶対に大丈夫なんです。
あ、別に霊感があるとか、そぉいうわけじゃないんですよ。
別に何の根拠も無いですけど、何か分かるじゃないですか。ね。

ちょっと心配になったのは、C型肝炎ウィルスは癌を切除しても残るので、
いつまた腫瘍が出来るか気にしながら生活していかないといけないから、
ストレスによる疲労が大変だろうな。。。と。
父親に親孝行してないな。。。と。
また、私が結婚しないうちに親が死ぬのか。。。と。
孫の顔も見たかっただろうな。。。と。
あ〜〜、なんて親不孝者なんだろう。。。と。
また親不孝するんだぁ〜〜。。。と。
名前負けしてるなぁ。。。と。

今からでも出来る親孝行をしないといけないですね。
どれだけ親孝行しても、実際、死んだ時「親孝行してて良かった」なんて思う人なんて居ないって知ってるけど、親孝行しよう!

さて、明日は手術だ。
全身麻酔で意識は無いけど、病院に行って意識が回復するまで傍に居ようかな。

[PR]
by evan_mari_william | 2005-01-13 02:23 | 病気



旗あげて、存在アピールしましょね。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
エキサイトブログ以外
最新のトラックバック
http://2085...
from debtloans cred..
厄年の人への贈り物
from No Compromise,..
まぁいきましょうか・・・
from 日記
マルガリータ
from カクテルマニア
All Those Wa..
from PARADISECITY
いかにしてHANOI R..
from ☆類は友を呼ぶ☆love r..
いかにしてHANOI R..
from ぼちぼち日記
【TB企画】いかにしてH..
from Untitled-Blog
夜のヒットスタジオDX
from ☆類は友を呼ぶ☆love r..
きっかけ
from ROCK AND ROLL ..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧